ワンルームポルノ

作者:ゆまごろう

小説家である真田は、友人のカメラマン・長谷川に呼ばれ自宅を訪れると、あるモデルの切り抜きを見せられる。どうやら長谷川の向かいのマンションにそのモデルが住んでおり、窓枠越しに見えるそのモデルが作品のように美しいという。
仕事をきっかけに近づけばいいと真田が言うと、直接会って「作品」が壊れてしまうのが怖いという長谷川に対して「そうか」とだけ返す真田。
感想を聞きたい、と原稿を長谷川に渡し、その場を後にした真田が向かった先に居たのは―――。

「こうして触れられるのは俺だけだ」

見せつけてやりたいけれど、全部見せるなんてもったいない。
小説家×モデルのエロティックラブストーリー。